肢全体を階層につけるような感じ

僕は毎朝ストレッチングをしています。
昼前起きたらあっという間に、布団の上で始めます。
寝ると意外と肩や上肢、乗り物が硬くなっていて、昼前起きたときに痛さや動きにくさを感じることはありませんか?

朝から体がしなやかにはたらくようにストレッチングを通じておくと、内面も晴れやかになります。
体が強いといった不愉快心構えも出てきますが、体がスムーズに思うように動けば、涼しいですし不愉快心構えになりませんよね。

私のストレッチングテクは、初めて脚を180度に解き放ち、乗り物の裏を突き立てるようにして脚全体の筋肉を伸ばします。

次に片手を乗り物の指先に引っ付くように伸ばし、共に躯幹を曲げて筋肉を伸ばします。
息を吐きながら躯幹を曲げるって、一段とやりやすくなります。
これを筋肉が伸びた!と感じるまでやります。

更にのストレッチングが、猫が伸びをしているような休息だ。

取り敢えず両手と両膝をつき、四つんばいの個性になります。
そうして背中を丸く曲げて、猫のようにぐーっと伸びをします。今度は背中がより反るような感じで伸ばしていきます。

最後はそのままの姿勢で両手を前に突き出し、上肢全体を階層につけるような感じで、礼の休息をします。
こういう休息は、背中全般が伸びて気持ちよいですよ。
体が硬くなっているときは、背中がポキポキッって音が鳴るときもあります。

僕はこれを毎朝布団の上で、体が軟らかくなるまで行います。
それで日によって時間はひっくり返り、半ほど行っているときもあります。
私も以前は体が固く、躯幹を曲げてもつま先にアームが届きませんでした。
ですが、こういうストレッチングをするようになってから、週もしないうちにつま先に手が届くようになりました。

アスリートも作用前には必ずや行っているストレッチング。
あんなに練習し、体のシステムを高めている方々も大切にしておることだからこそ、ストレッチングはこれからもずっと続けていきたいだ。フルーツ青汁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です